SAMPLE COMPANY

活性水素水とはどんな水か?

生活習慣病を引き起こす原因のひとつである「活性酸素」は、すでに多くの人が知っていますが、「活性水素」はこの「活性酸素」を中和して病気を未然に防いだり、さまざまな疾病を緩和したり治癒に導く力があるとされています。

活性水素が豊富に含まれている水として、フランスの「ルルドの水」やメキシコの「トラコテの水」、ドイツの「ノルデナウの水」などがありますが、このような水は、昔から「病を治す不思議な水」として知られていました。日本では、「日田天領水」が活性水素を含む水として知られています。

活性水素水は、水を構成する水素が「H2」という分子ではなく、原子「H」として存在しているもので、体内で活性酸素と結びつき、無害な水「H2O」として、体外に排出します。しかし、活性水素原子同士は電気的に非常に不安定な状態であるため、長時間空気に触れていたり、熱を加えられたりするとすぐに結合してしまうという特徴があります。そのため自然の活性水素水は保存が利きにくく、このような水を飲むには、現地で取水後すぐに飲むのが良いとされています。

私たちの体には加齢とともに、体の錆といわれる活性酸素がたまって行き、高血圧や高脂血症、脳血管障害や心臓障害、糖尿病、肝障害、ガンやアレルギー、痴呆症などを引き起こす他、シミやしわなどを作って老化を早める原因にもなっています。

しかし、活性水素水を日常的に飲むことにより、このような病気を予防し、老化の進み方を遅くすることができるのではないかと言われています。

活性水素水は、生活習慣病の予防やアンチエイジング効果の他、エイズウィルスやガン細胞の増殖を抑制する働きもあるという研究結果もあります。

また、活性水素水は、胃腸内の異常発酵を改善する働きがあるため、便の悪臭が消え、食物の栄養が体中に行き渡るようになります。胃腸が正常に機能し、栄養が全身に行き渡れば、免疫力や自然治癒力もアップするため、健康体を維持する事が容易になります。

活性水素水の健康効果については、まだ未知の部分があるものの、中高年からの健康増進や老化防止のためにも、是非利用したい水です。自然の活性水素水を飲むのは困難であっても、最近は電気分解による人工的な活性水素水を家庭でも作れるようになっています。

スポンサーリンク

 

関連ページ