メタボリック検診(特定健診)に備えよう

パーツ


中高年からの健康ライフHOME悩み解決>メタボリック検診(特定健診)に備えよう

メタボリック検診(特定健診)とは?

メタボリック検診(特定健診)とは、2008年(平成20年)4月1日からスタートした40歳〜74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした保健制度です。
メタボ検診の目的は、メタボリックシンドロームを早期に発見し、対策を立てる事により生活習慣病を予防し、年々増え続ける医療費を削減する事です。厚生労働省は、メタボ検診の実施により2012年度(平成24年度)までに10%、2015年度(平成27年度)までに25%、メタボリック症候群を減少させる目標を立てています。そしてこの目標が達成されれば、医療費が約2兆円削減できると試算しています。

〔メタボリック検診の検査内容〕
メタボ検診の検査内容は、まず腹囲(おへその周り)の測定及びBMIの算出を行います。
腹囲が、男性:85cm以上、女性:90cm以上 、 BMI:25以上の人はさらに血糖、脂質(中性脂肪及びHDLコレステロール)、血圧の測定を行い、その検査結果と喫煙習慣の有無などからメタボリックシンドロームの危険度が判定され、それによりクラス分けされます。
「動機付け支援」や「積極的支援」が必要と判定された場合は、医師や保健士、管理栄養士などから保健指導を受け、メタボリックシンドロームを解消し、生活習慣病の予防と対策を行います。
保健指導は、面接や電話、FAX、メールなどにより行われます。
また、メタボリック検診の費用は各市区町村により異なりますが、基本的に有料となっています(2000円から3000円前後が多いようです)。

〔メタボリック検診の罰則〕
メタボリック検診は義務化されていますが、医療保険加入者に対してではなく、国民健康保険を運営する各市区町村、各健康保険組合、共済組合などに対して、対象となる医療保険加入者にメタボ検診を受診するよう義務付けているものです。
そのため、受診しなくても個人には罰則(ペナルティ)はありません。
ただし、2008年度から2012年度の受診率や保健指導実施率が目標値に到達しない場合、各健康保険組合や各市区町村に対して後期高齢者医療制度への財政負担が最大10%内で増減されるとしています。
しかし、この制度は自民党政権が作ったものであり、民主党政権となった現在は「後期高齢者医療制度」の廃止も検討されており、罰則に関しては不透明な部分があります。

〔メタボリック検診に備えて〕
メタボリック検診は、受けるべきかどうか、また受けるのが何となく不安と感じ、悩んでいる中高年の方も多いことでしょう。
特に女性の場合、腹囲を測定するという事に抵抗を感じる人が多く、体型に関して指導されるという事に対しても違和感を持つ人が多いのが実情です。しかし、腹囲だけが基準値を超えていても保健指導を受ける対象にはなりません。
腹囲とBMIの基準値を超え、血圧、血糖値、コレステロール値のうち1つ以上ひっかかった場合のみ、指導を受ける事になります。
メタボリック検診の実施に関しては未だに国民の間でも賛否両論ありますが、自分の健康を見直す良い機会ととらえましょう。
基準値をオーバーしないように、生活習慣を見直したり、食生活を見直したり、また運動をしたりしてメタボリック検診に備えましょう。


 




スポンサーリンク






関連ページ
肥満の悩み・メタボの悩み内臓脂肪が溜まって太る原因は?

中高年からの健康ライフHOME



パーツ
This template made by
素材屋