毎日飲む「水」の重要性

パーツ


中高年からの健康ライフHOME病気予防>毎日飲む「水」の重要性

毎日飲む「水」は健康の源です。

毎日、何気なく飲んでいる水ですが、中高年からの健康にとって「水」は重要な役割を果たしてくれます。
人間の体の中の水の量は、赤ちゃんでは体重の約75%、子供は約70%、成人では60〜65%、そして老人では50〜55%と言われます。
体内の水の量は加齢とともに減少して行きますが、たとえ高年齢でも水の量が多い人は「若々しい」とも言えます。

水は人間の体内で、濾過されたり、再吸収されたりしながら、何度も繰り返し使われます。
私たちが飲んだ水は、最初はすべて腸で吸収されますが、その後体内の色々な場所に移動し、血液になったり、汗になったり、胃液になったり、だ液になったりします。血液となった水は、体の隅々までかけめぐり、酸素や栄養素、ホルモンなどを運びます。それと同時に老廃物や過剰な物質を回収します。

体内の血液は、循環の過程で腎臓を通過しますが、ここで血液の中の不要な物質を多量の水とともにろ過し、尿として膀胱へ送ります。この時、一部の水は再吸収されて、再び体内を駆け巡ります。
成人の平均的な1日の排尿の量は約1.2リットルですが、体の中の老廃物や有害物質を体外に出すには、最低でも500ミリリットルの排尿が必要とされます。

また、水は体温を調節する働きもあります。水は、蒸発する時に熱を奪うという性質がありますが、体温が高くなり生命の危険に襲われたとき、体は汗を出して体温を下げようとします。この汗を正常に出すためにも水が必要なのです。
水を口にした時、その水は1分以内に脳と生殖器に到達すると言われます。皮膚組織には10分、腎臓や心臓などの臓器には20分で到達し、口にした水のすべてが体外に出て行には約一ヶ月かかると考えられています。

このように「水」は、人間の生命活動にとって非常に重要なものであり、1日に約1.5〜2リットルの「健康によい水」を補給することが必要と言われています。 体に含まれる水の20%が失われると、生命が危険にさらされるという事も覚えておきましょう。





スポンサーリンク






関連ページ
身体に良い水を選ぼう活性水素水とはどんな水か活性酸素と活性水素

中高年からの健康ライフHOME

パーツ
This template made by
素材屋