健康診断の結果をチェック

パーツ


中高年からの健康ライフHOME病気予防>健康診断の結果をチェック

健康診断の結果を確認しよう

健康診断の結果を今後に生かすためにも、ひとつひとつの項目について確認しましょう。
「健康診断結果報告書」には、各項目ごとに数字によるデータ及び、判定結果がアルファベットで記入されています。

〔健康診断のデータをチェックする〕
●身体計測
身長と体重の測定結果から、標準体重・BMIを求めることができます。
BMI=体重[kg]÷身長[m]÷身長[m]
※標準体重の±10%以内なら、正常範囲とされ、+10%以上は「肥満」と判定されます。肥満は生活習慣病のリスクが高くなりますので、要注意です。

●血圧
最低血圧90〜94、最高血圧140〜159を境界高血圧と言い、最低血圧95以上、最高血圧160以上を高血圧症と判断します。
高血圧症は、動脈硬化や、脳疾患、心臓疾患のリスクが高まります。

●血糖値・・・陽性の場合は、糖尿病の疑いがあります。

●尿蛋白・・・陽性の場合は、腎臓、膀胱、尿道などに異常がある可能性があります。

●ウロビリノーゲン・・・陽性の場合は、肝臓、胆道系疾患などの可能性があります。

●尿潜血・・・尿の中に血液が混じっているかどうかを調べます。陽性の場合は、腎臓、膀胱、尿道などの異常が考えられます。

 女性の場合は生理中は陽性になります。

●ヘモグロビン・・・男性:13.0〜17.0g/dl、女性:11.0〜15.0g/dlが標準です。少ない場合は貧血が考えられます。

●赤血球数(RBC)・・・男性:400〜550万μl、女性:350〜500万μlが標準です。減少している場合は、貧血が疑われます。

●へマトクリット値(Ht)・・・一定の血液量に対する赤血球の割合を表しています。減少している場合は、貧血が疑われます。

●白血球数(WBO)・・・血液疾患や体内の炎症の有無がわかります。

※コレステロール値に関しては、2007年より「動脈硬化性疾患診療ガイドライン」で、次の3つを「脂質異常症」の診断基準としています。それぞれの値を知ることにより、糖尿病や甲状腺機能低下、動脈硬化の進み具合を知る手がかりとなります。

●HDLコレステロール・・・ 40mg/dL以上が正常値です。「善玉コレステロール」とも言い、高値であるほど動脈硬化を抑えます。

●LDLコレステロール・・・ 140mg/dL未満が正常値です。「悪玉コレステロール」とも言い、高値であるほど動脈硬化を促進します。

●中性脂肪(TG)・・・150mg/dL未満が正常値です。高すぎると動脈硬化、心臓病、脳卒中のリスクが高くなります。
 また、糖尿病や肥満、動脈硬化などでも高値を示します。

●GOT・GPT・・・高い場合、肝炎や肝硬変の可能性があります。

●γ−GTP・・・高い場合、アルコール性肝障害や脂肪肝、胆汁の排泄障害などが考えられます。

●ALP・・・高い場合、肝汁の流出障害などが考えられます。

●クレアチニン・・・高い場合、腎炎などの排泄障害が考えられます。

●尿酸・・・高い場合、腎炎などの排泄障害が考えられます。足の指に沈着すると痛風になる可能性があります。

●尿素窒素・・・高い場合、腎炎などの排泄障害が考えられます。

●胸部レントゲン・・・気管支の異常、心臓の形態と異常、肺結核、肺ガン、胸部疾患などがわかります。

●心電図・・・心房・心室の肥大、心筋障害、不整脈などの発見に役立ちます。

〔健康診断の判定結果を確認する〕

健康診断の判定結果は、主に次のようなアルファベットで示されていますので、確認しておきましょう。

 A:異常なし
 B:要観察(わずかに所見が認められますが、日常生活に支障はありません)
 C:要経過観察(ただちに治療を受ける必要はありませんが、医師の指導を受け経過を観察する必要があります)
 D:要精密検査又は再検査(早期に医療機関で精密検査又は再検査を行う必要があります)
 E:要治療(早期に医療機関で治療を受ける必要があります)
 F:要継続治療(主治医の指示のもとで継続治療を行う必要があります)






スポンサーリンク






関連ページ
健康診断を受けてみよう中高年からの病気予防のポイント自分の身体を知る事から始めよう

中高年からの健康ライフHOME

 


パーツ
This template made by
素材屋